ニュース!ch列島ナウ

ニュース!ch列島ナウでは、日々の話題や世間を騒がせている様々な耳寄り情報をお伝え致します。
主に(芸能、政治、世界情勢、スポーツ、趣味、緊急速報、おもしろ画像、動画etc)など、様々な分野からの皆様に役立つ興味深い情報を掲載致します。
また、多くの皆様に喜んでいただけるような運営を心がけておりますので、どうぞ、皆様からの情報を宜しくお願い致します。

    2019年01月



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/30(水) 21:29:33.05 ID:3n69j4E59.net

    フリーアナウンサーの田中みな実(32)が30日、MCを務めるTOKYO MXの生番組「ひるキュン!」で、交際相手の電話番号はスマホに登録しないという習慣を打ち明けた。

    田中は「私は、電話番号とかは、名前で登録しなかったりします。付き合ってる人とかは、もう登録しないの。番号だけ」と告白。
    「かかってくる頻度が高かったりすると、誰かにもし万が一(スマホを)渡してる時にかかってきたら、何か『誰?』ってなったりするじゃない?男の人の名前だと」と、理由を説明した。

    TKOの木本武弘がどうやって検索するのかという疑問をぶつけると、田中は「番号を覚えてる。覚えるじゃないですか、かかってくると」と、交際相手とは頻繁に電話するため、番号を記憶していると答えた。

    ちなみに木本の携帯電話番号は「TKO木本さん」と登録されているという

    http://news.livedoor.com/article/detail/15949269/
    2019年1月30日 16時20分 デイリースポーツ


    【【芸能】【田中みな実】アナ!交際相手の電話番号はスマホに登録せず…生放送で告白!】の続きを読む



    1 Egg ★ :2019/01/29(火) 01:19:08.05 ID:zNg2CK4n9.net

    【日本 3-0 イラン AFCアジアカップ2019・準決勝】

    権田修一 5.5 今回も自らのミス→ビッグセーブ。劇場開演。飛び出しはいい
    長友佑都 6.5 タイミングのいい加速でパスを引き出し、好機を演出
    吉田麻也 6.5 相手の長いボールに的確な立ち位置で対応した
    冨安健洋 7 アズムンの抜け目ない動き出しにも先読みしてカバー
    酒井宏樹 6.5激しくプレーしながら落ち着きも失わず。駆け引きしていた
    遠藤航 6.5 球際で粘り強さを見せ、ワンタッチプレーで推進力を生む
    柴崎岳 6.5 テンポの速い展開の中、攻撃でよく顔を出した。彼の縦パスを起点に先制点
    原口元気 7 屈強な相手に食らいついた。ドリブルからトドメの3点目を奪取
    南野拓実 7 精力的にボールを追い、諦めない姿勢から絶妙クロスでアシスト
    堂安律 6.5 3人目の動きからシュート。ゴールへの意欲は見せた
    大迫勇也 7.5 開始から抜群の存在感。2ゴールとエースの役割を果たした

    塩谷司 6 リスク管理を徹底し、攻守の切り替えでチームを助けた
    室屋成 6 酒井宏樹に代わって出場。痛める場面もあったが、最後まで戦った
    伊東純也 – 出場時間短く採点不可

    森保一監督 6.5 “アジア最強”を相手に集中力の高いゲーム。大きな自信を得る勝利に

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190129-00307101-footballc-socc

    1 Egg ★ 2019/01/29(火) 00:54:41.88
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1548690881/


    【【サッカー】<どこよりも速い採点>今年も大迫半端ない! アジアカップ決勝進出!最強イラン戦で日本覚醒!】の続きを読む



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/01/29(火) 10:25:13.60 ID:uBL44J8X9.net

    2019年1月29日 8時2分 サッカーダイジェストWeb
    http://news.livedoor.com/article/detail/15941722/

    (出典 image.news.livedoor.com)

    アズムン(20番)の振る舞いが発端となり乱闘となった両軍。長友は羽交い絞めを受けた。 (C) AFC

     現地時間1月28日、UAEのハッザ・ビン・ザイードスタジアムで、アジアカップの準決勝が行なわれ、日本代表がイラン代表を3-0で破り、8年ぶりのアジア制覇に王手をかけた。
    試合後、その結果以上に大きな騒動に発展しているのが、イランのエースであるサルダル・アズムンの“蛮行”だ。
    この試合で日本の若きCB冨安健洋から執拗なマークにあったアズムンは、満足のいくプレーが出来ずにフラストレーションを溜め込むと、76分には室屋成とピッチサイドで競り合った際、相手の耳を手でひっかくようなしぐさを見せるなど、徐々にそれが態度にも表れるようになる。

     そして、試合終了間際にストレスが爆発してしまう。
    後半アディショナルタイムの90+1分に原口元気の決定的な3点目が生まれた後のリスタートの時だった。試合が再開される際、センターサークルの外に立っていたアズムンは、傍にいた大迫勇也の足を踏み倒したのだ。
    この蛮行と言うべきアズムンの振る舞いに、当然、日本の選手たちは怒り心頭。主審や吉田麻也が制止に動いたが、収まる気配もなく一気に両軍の選手が掴み合う乱闘騒ぎに発展すると、騒動の発端となったアズムンも柴崎岳の顔を押しのけるなどの行動を続けたのである。

     試合終了直後、アズムンへは非難の声が殺到。AFCの公式ツイッターアカウントには、「スポーツマンシップはどこへ行った?」や「愚かなファウル」といったファンのコメントが相次いだ。
    そんななか、試合から2時間後に冷静さを取り戻したアズムンは自身のインスタグラムを更新。「いつも支えてくれる仲間たちにありがとう。そして代表チームをいつもサポートしてくれているファンに愛していると伝えたい」と綴ったうえで、最後に謝罪の言葉で結んでいる。

    「僕は本当に自分を恥じている。本当に申し訳ないことをしてしまった」
    ロシアの強豪ルビン・カザンで活躍して今大会の目玉選手でもあったアズムン。その振る舞いは許されないものであったが、24歳と若いだけにこの苦い経験を経て大きく成長してもらいたいところだ。
    ★1= 2019/01/29(火) 09:18:36.68

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1548721116/


    【【アジア杯】イランFW・【アズムン】日本戦での“蛮行”に批判殺到で謝罪「自分を恥じている」!】の続きを読む



    1 Egg ★ :2019/01/29(火) 02:29:25.80 ID:zNg2CK4n9.net

     森保一監督率いる日本代表は28日のアジアカップ準決勝イラン戦で3-0と勝利し、2月1日の決勝へと駒を進めた。日本が3-0とリードして迎えた終了間際、相手のエースFWがMF柴崎岳(ヘタフェ)の顔面に張り手したのをきっかけに、両軍が入り乱れる乱闘騒動へと発展し、会場は一時騒然となった。

     試合は5試合ぶりに先発復帰したエースFW大迫勇也(ブレーメン)が圧倒的な輝きを放つ。後半11分、MF南野拓実(ザルツブルク)のパスから頭で合わせて先制ゴールを奪うと、同22分にはPKから大迫が2ゴール目をマーク。さらにアディショナルタイムにはMF原口元気(ハノーファー)がドリブルで抜け出してダメ押しの3点目を流し込んだ。

     そのまま試合終了かと思われたが、日本のペナルティーエリア手前で乱闘騒動が勃発した。日本ボールに笛が吹かれた直後、感情を高ぶらせた相手のエースFWサルダル・アズムンが腕を突き出し、柴崎の左ほほに張り手するような形となった。これを見たキャプテンのDF吉田麻也(サウサンプトン)らが間に入りながらもアズムンに猛抗議。相手も一歩も引かずに好戦的態度を見せ、両軍の選手がぶつかり合う騒動となった。

     物々しい雰囲気に包まれたが、しばらく時間が経つと事態はようやく収まった。今大会、ここまで5試合で12得点無得点を誇っていたイランだが、日本戦ではノーゴールのうえに3失点という展開となり、エースFWの鬱憤が頂点に達したのだろう。終了間際に思わぬ騒動が起きたが、日本がそのまま3-0で逃げ切り、勝利を手繰り寄せている。

    1/29(火) 1:13 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190129-00166395-soccermzw-socc

    ■「あれはレッドだろ?」「なぜ長友に…」イラン戦終了直前に乱闘騒ぎ…アズムンの”蛮行”にファンも唖然|アジア杯

    原口元気が3点目を決めた直後のことだ。イランのアズムンがボールのないところで大迫勇也に接触し、大迫がピッチ中央付近で倒れ込む。さらに、アズムンは柴崎に手を出し、柴崎は冷静にそれを受け流したが、目撃した南野がアズムンを制するように間に入った。

     これをきっかけに原口ら日本選手とイラン選手の両軍が入り乱れる小競り合いに。最終的にイランのアズムンと日本の長友佑都に警告が出され、試合は終了した。止めに入った長友は、納得のいかない表情で主審に首を傾げていた。

     アズムンはこれ以前にも、途中出場の室屋成と接触したプレーで、倒れ込んだ後にわざとらしく耳をこすり上げるしぐさをするなど、挑発を繰り返していた。

     主審の目の前で繰り広げられた行動に、ネット上では「アズムンはレッドだろ」「なぜ長友にイエロー?」といった疑問の声が噴出。前半は良いプレーで日本の守備陣を翻弄していたアズムンの残念な行動に、失望の声が溢れた。

     せっかくの勝利も、最後のプレーで後味が悪い終わり方となってしまった。

    1/29(火) 1:35 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190129-00053512-sdigestw-socc

    写真

    長友

    (出典 i.imgur.com)


    アズムン

    (出典 www.football-zone.net)


    1 Egg ★ 2019/01/29(火) 01:25:28.47
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1548692728/


    【【サッカー】<会場騒然>日本、イラン戦終了間際に乱闘勃発!相手エースFWアズムンが柴崎の顔面に張り手「なぜ長友にイエロー?】の続きを読む



    1 豆次郎 ★ :2019/01/27(日) 22:37:54.65 ID:f0lAl4Na9.net

    1/27(日) 19:50配信
    テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は27日、男子シングルス決勝が行われ、第1シードのN・ジョコ*(セルビア)が第2シードのR・ナダル(スペイン)を6-3, 6-2, 6-3のストレートで破り、2016年以来3年ぶり歴代最多7度目の優勝を果たした。


    決勝戦、世界ランク1位のジョコ*は全試合ストレート勝ちで決勝へ駒を進めていた同2位のナダルから安定したストローク戦で主導権を握り、第1セットを先取。

    第2セットもフォアハンドのミスを重ねるナダルに対し、好調のジョコ*が第5ゲームでブレークに成功。それからもナダルを左右へ揺さ振り、2セットアップと優勝へ王手をかける。

    第3セットも隙のないジョコ*がさらに加速。第3ゲームでブレークするとリードを守り、ナダルとの頂上決戦をストレートで制して、全豪オープン7度目のタイトル獲得という前人未到の偉業を達成した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00010012-tennisnet-spo

    ★1がたった時間:2019/01/27(日) 19:51:16.56
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1548586276/


    【【最強】【ジョコビッチ】 全豪OP3年ぶり最多7度目V!前人未到の偉業達成!ナダルに完勝!】の続きを読む

    このページのトップヘ