ニュース!ch列島ナウ

ニュース!ch列島ナウでは、日々の話題や世間を騒がせている様々な耳寄り情報をお伝え致します。
主に(芸能、政治、世界情勢、スポーツ、趣味、緊急速報、おもしろ画像、動画etc)など、様々な分野からの皆様に役立つ興味深い情報を掲載致します。
また、多くの皆様に喜んでいただけるような運営を心がけておりますので、どうぞ、皆様からの情報を宜しくお願い致します。

    カテゴリ:スポーツ > サッカー



    1 久太郎 ★ :2020/10/09(金) 23:30:49.41

     国際親善試合が9日に行われ、日本代表がカメルーン代表と対戦した。

     新型コロナウイルスの影響で、日本にとっては今年初のA代表マッチに。日本代表としての活動は昨年12月のEAFF E-1サッカー選手権2019決勝大会以来となり、海外組を含めたフルメンバーでの活動は昨年11月以来のことになった。

     この試合最初のシュートは14分、カメルーンが日本のゴールを脅*。右サイドからセルジュ・タベクがふわりと浮かしたボールを供給すると、中央で競り勝ったムミ・エンガマルが頭で合わせたが、ボールはゴールポストのわずかに上へと外れた。

     日本のファーストシュートは19分、南野拓実がエリアの外から左足を振り抜いたが、これは相手GKの正面。22分には抜け出した酒井宏樹が折り返し、エリア内で受けた南野がトラップからシュートを放ったものの、これは相手にブロックされる。このプレーで獲得したコーナーキックは吉田麻也がヘディングで合わせたが、枠を捉えたシュートは相手GKにセーブされた。

     スコアレスで折り返し、日本は後半から安西幸輝に代えて伊東純也を投入。システムを3-4-2-1に変更した。すると50分、右サイドを切り裂いた伊東がクロスを送り、中央で大迫勇也が頭で合わせたが、シュートは枠を捉えることができなかった。

     なかなか中盤から前線へと効果的な運びができない日本は、66分に久保建英、71分に鎌田大地を投入。個で局面を打開できる2人をシャドーストライカーに配置した。81分、右サイドで相手の背後を取った鎌田がグラウンダーで高速のクロスを供給し、中で合わせたのは原口元気。ダイレクトで枠内に運んだが、シュートは相手GKに正面でキャッチされる。

     86分には原口に替わって菅原由勢がピッチに入り、同選手はA代表デビューを飾った。試合終了間際には右サイドから仕掛けた伊東がペナルティエリア手前でフリーキックを獲得。キッカーを勤めた久保は、角度のないところから直接狙ったが、強烈なシュートは相手GKに弾かれた。

     試合はお互いに得点を奪えないまま終了。日本代表の2020年初戦はスコアレスドローに終わった。なお、日本代表は13日にコートジボワール代表との親善試合を予定している。同試合は日本時間23時45分のキックオフを予定しており、TBS系列地上波にて全国生中継、CSのTBSチャンネル2にて録画放送される。

    【スコア】
    日本代表 0-0 カメルーン代表

    【スターティングメンバー】
    日本(4-2-3-1)
    権田修一;酒井宏樹、冨安健洋、吉田麻也、安西幸輝(46分 伊東純也);柴崎岳、中山雄太;原口元気(86分 菅原由勢)、南野拓実(71分 鎌田大地)、堂安律(66分 久保建英);大迫勇也

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c9bfe442cafa7a81512bcf8613547ad6a42348ac

    ★1が立った時間:2020/10/09(金) 23:00:38.21

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1602252038/


    【【サッカー】【日本代表】2020年初戦はドロー決着!カメルーンの守備崩せず無得点!】の続きを読む



    1 豆次郎 ★ :2020/01/06(月) 10:24:39.02 ID:yzDwTXIu9.net

    スポーツ報知
    1/6(月) 2:52配信
    南野拓実がリバプール白星デビュー、本拠アンフィールドで積極的プレー披露…エバートンに1-0で勝利

    ◆FA杯3回戦 リバプール1―0エバートン(5日、アンフィールド)

     【リバプール(英国)5日=森昌利】イングランド1部リバプールに加入した日本代表MF南野拓実(24)が、FA杯3回戦のエバートン戦でデビューを果たした。本拠アンフィールドで行われた地元のライバルとのマージーサイド・ダービーで、3トップの中央で先発。前線から激しいプレッシングを見せるなど、積極的なプレーを披露した。

     堂々のデビューだった。南野は自身のキックオフでスタートすると、最前線から持ち味の激しいプレッシングを披露。前半34分には左サイドからのクロスを頭で合わせようとしたが、ジャストミートせず。好機を逃したが、ゴールを脅かした。試合は0-0だった。

     今冬にオーストリア1部ザルツブルクからリバプールに移籍。契約期間は4年半で、背番号は18を与えられた。「リバプールでプレーするのを心から楽しみにしている」とデビューを心待ちにしていた。ザルツブルク時代の昨年10月2日に欧州CL1次リーグでリバプールと対戦。敵地で1得点1アシストと活躍したことで、欧州王者への移籍をつかんだ。クロップ監督(52)は、ドイツ1部ドルトムントの監督時代にも南野に獲得オファーを出すなど以前から高く評価。12月31日に合流したばかりにもかかわらず、スタメンで送り出した。リバプール南野が、力強くスタートを切った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-01060026-sph-socc

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1578247078/


    【【サッカー】【南野拓実】が【リバプール】で白星デビュー!本拠アンフィールドで積極的プレー披露…エバートンに1−0で勝利!】の続きを読む



    1 fusianasan :2019/06/14(金) 21:59:17.03 0.net

    なでしこジャパン、決勝T進出へ運命の第二戦!


    【【なでしこ】FIFA女子ワールドカップフランス2019!日本×スコットランド!】の続きを読む



    1 豆次郎 ★ :2019/06/14(金) 18:42:23.33 ID:d0HR2d7U9.net

    久保建英選手18歳、レアルマドリードへの移籍で合意(11:48)

    サッカー日本代表 18歳の久保建英 レアルマドリードに移籍へ

    今月、史上2番目の若さで、サッカー日本代表として初出場を果たした18歳、久保建英選手がJ1のFC東京から、スペイン1部リーグの強豪、レアルマドリードへの移籍で合意したことが関係者への取材でわかりました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190614/k10011952201000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001-
    -------------------------------
    6/14(金) 10:17配信
    レアルが久保争奪戦をリード? 年俸1億2000万円の5年契約を提示か

     レアル・マドリードがFC東京に所属するMF久保建英の獲得競争をリードしているようだ。13日、スペイン紙『マルカ』が報じた。

     久保には欧州の複数ビッグクラブが今夏の獲得に関心を示しており、レアル・マドリードのほかにも、古巣のバルセロナやパリ・サンジェルマンが有力な移籍先として噂されていた。

     レアル・マドリードは移籍金として200万ユーロ(約2億4000万円)をFC東京に支払うと見られており、久保には年俸100万ユーロ(約1億2000万円)を提示するようだ。

     また、移籍が成立した場合、同選手は同クラブのBチームに当たるレアル・マドリード・カスティージャ(スペイン3部)在籍扱いになると見られている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190614-00947749-soccerk-socc

    ★1がたった時間:2019/06/14(金) 02:24:38.99
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1560500591/


    【【サッカー】【久保建英】選手がレアル・マドリードへの移籍で合意!】の続きを読む



    1 豆次郎 ★ :2019/06/13(木) 01:14:56.18 ID:+EY8G3IP9.net

    東京五輪世代が歴史的勝利!! 相馬&小川弾のU-22日本代表、PK戦制してトゥーロン国際初の決勝へ

    6/13(木) 0:06配信
    [6.12 トゥーロン国際大会準決勝 U-22日本 2-2(PK5-4) U-22メキシコ]

     トゥーロン国際大会は12日、準決勝を行い、東京五輪世代のU-22日本代表はU-22メキシコ代表と対戦した。2-2で迎えたPK戦の末、5-4で勝利。2002年、08年に続いて3度目の準決勝挑戦で史上初の決勝進出を果たした。15日の決勝ではブラジル対アイルランドの勝者と対戦する。

     コパ・アメリカが行われるブラジルに滞在中の森保一監督に代わり、横内昭展監督代行が指揮を執っている日本。2008年以来の進出となった準決勝でもチーム立ち上げ当初から一貫して採用してきた3-4-2-1のシステムで臨んだ。グループリーグ第3節のU-19ポルトガル戦(●0-1)からは先発7人を入れ替えた。

     GKオビ・パウエル・オビンナ(流通経済大)がゴールを守り、3バックは右からDF大南拓磨(磐田)、DF岡崎慎(FC東京)、DF椎橋慧也(仙台)。ウイングバックは左にMF相馬勇紀(名古屋)、左にMF川井歩(山口)が入り、ダブルボランチはMF高宇洋(G大阪)とMF田中碧(川崎F)。2シャドーはMF岩崎悠人(札幌)、MF神谷優太(愛媛)が組み、1トップはFW旗手怜央(順天堂大)が務めた。

     試合は互いに固さの見られる立ち上がり。ボール保持時の日本は最終ラインからゆったりとボールを回してメキシコのスペースをうかがうが、前傾気味の4-1-4-1で構えてくる相手をなかなか崩せない。ようやく前半41分、旗手が強引な突破から右足を振り抜いてチーム初シュートを放つも、相手GKの正面を突いて0-0のまま前半を終えた。

     日本は後半3分、川井が敵陣右サイドでボールを奪うと、斜めのパスから旗手が振り向きざまのシュートを狙うも再びGK正面。すると同5分、メキシコはMFパオロ・ユリザルのアーリークロスにFWヘスス・ゴディネスがヘディングで合わせ、先制ゴールを奪った。日本は大南がマークに付いていたが、競り勝てなかった。

     1点ビハインドとなった日本は後半10分、神谷に代わってFW小川航基(磐田)を投入。その後も右サイドの川井を起点に攻撃を組み立て、同16分には攻め上がってのクロスから岩崎が惜しいヘディングシュートを放った。同22分、メキシコはFWハイロ・トーレスがペナルティエリア内から右足で狙ったが、オビがビッグセーブを見せた。

     日本は後半25分、椎橋に代わってDF田中駿汰(大阪体育大)を投入。すると直後の同27分、岩崎のポストプレーに反応した田中碧のシュートはクロスバーに阻まれたが、左サイドへのこぼれ球に反応した相馬がダイレクトシュート。これがゴール左隅に突き刺さり、同点に追いついた。

     さらに攻勢を強める日本は後半34分、川井に代えてMF長沼洋一(愛媛)を入れる。ところが同41分、メキシコは右サイドからDFアラン・モゾがクロスを送ると、途中交代で入った前回大会得点王のFWエドゥアルド・アギーレが強烈なヘディングシュート。これがネットを揺らした。

     それでも後半44分、日本は諦めなかった。右サイドを駆け上がった旗手が左サイド裏へフィードを送り、途中出場の小川が突破。相手DFのミスを突いてGKとの1対1を迎えると、冷静な右足シュートを流し込んで土壇場で追いついた。最終盤にはオビのミスから決定的なシュートを放たれたが、田中碧がギリギリでクリアし、90分間を終えた。

     規定により行われたPK戦では日本が後攻。1人目の小川、2人目の相馬、3人目の岩崎がいずれもゴール右のコースに落ち着いて決めると、メキシコは4人目のA・モゾが左クロスバーに当てて失敗してしまう。相手のミスに救われた日本は4人目の長沼、5人目の旗手が右コースにしっかり決め切り、史上初の決勝進出を果たした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190613-43468148-gekisaka-socc

    ★1がたった時間:2019/06/13(木) 00:05:22.20
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1560351922/


    【【速報】U22日本代表!メキシコをPK戦で破り初の決勝進出!【トゥーロン国際大会】準決勝!】の続きを読む

    このページのトップヘ